所沢ミレニアムチャーチ(日本聖泉基督教会連合)

所沢の小手指で礼拝を行っている小さな集まり、所沢ミレニアムチャーチのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年1月23日 日曜礼拝

<メッセージ>「主の奇蹟を体験する秘訣」(ヨハネ2:1~11)

序.最初のしるし(別訳:最初の証拠としての奇蹟)

 「イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行い、ご自分の栄光を現された。」
(2:11)

1.求める
「それから三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、そこにイエスの母がいた。イエスも、また弟子たちも、その婚礼に招かれた。ぶどう酒がなくなったとき、母がイエスに向かって「ぶどう酒がありません」と言った。」(2:1~3)
「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。」
(マタイ7:7)
「地を造られた主、それを形造って確立させた主、その名は主である方がこう仰せられる。わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。」
(エレミヤ33:2、3)
 
2.待つ
「すると、イエスは母に言われた。「あなたはわたしと何の関係があるのでしょう。女の方。わたしの時はまだ来ていません。」」
(2:4)
「もしおそくなっても、それを待て。それは必ず来る。遅れることはない。」
(ハバクク2:3)
「ですから、あなたがたの確信を投げ捨ててはいけません。それは大きな報いをもたらすものなのです。あなたがたが神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。」
(ヘブル10:35、36)

2.従う
「母は手伝いの人たちに言った。「あの方が言われることを、何でもしてあげてください。」さて、そこには、・・・石の水がめが六つ置いてあった。イエスは彼らに言われた。「水がめに水を満たしなさい。」彼らは水がめを縁までいっぱいにした。イエスは彼らに言われた。「さあ、今くみなさい。そして宴会の世話役のところに持って行きなさい。」彼らは持って行った。」
(2:5~8)

「イエスは言われた。「その石を取りのけなさい。」死んだ人の姉妹マルタは言った。「主よ。もう臭くなっておりましょう。四日になりますから。」イエスは彼女に言われた。「もしあなたが信じるなら、あなたは神の栄光を見る、とわたしは言ったではありませんか。」そこで、彼らは石を取りのけた。」
(ヨハネ11:39~41)

結.信仰、いのち
「宴会の世話役はぶどう酒になったその水を味わってみた。」
(2:9)
「イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行い、ご自分の栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。」
(2:11)
「この書には書かれていないが、まだほかの多くのしるしをも、イエスは弟子たちの前で行われた。しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることをあなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。」
(ヨハネ20:30、31)


<メッセージ要旨>「主の奇蹟を体験する秘訣」(ヨハネ2:1~11)

 今日の箇所はイエス・キリストがガリラヤのカナにおいて最初のしるしを行い、ご自分の栄光を現されたことが記されています。この後もイエス・キリストは数々のしるしを行われましたが、今日はこの箇所からイエス・キリストの奇蹟を体験する秘訣について学んでみようと思います。
 イエス・キリストの奇蹟を体験する第一の秘訣は、イエス・キリストに「求める」ことです。婚礼においてぶどう酒がなくなるという大変な事態が起こってしまった時、イエスの母マリヤは「ぶどう酒がありません」(2:3)とイエスに言いました。これは「ぶどう酒を与えて下さい」という求めを遠回しにしたものと言えるでしょう。奇蹟はこの「求める」ことから始まります。「求めなさい。そうすれば与えられます。」(マタイ7:7)とイエス・キリストは私達に約束しておられます。
 イエス・キリストの奇蹟を体験する第二の秘訣は、イエス・キリストの御業の時を「待つ」ことです。私達が祈り求める時に与えられる答えは「はい」「いいえ」「待て」の三種類ですが、この中で圧倒的に多いのが「待て」です。つまり、イエス・キリストが言われた通り、「わたしの時はまだ来てい」(2:4)ないからです。便利な時代に生き、多くのものが短時間に与えられるのを体験し慣れている私達にとって、「待つ」ことは最も苦手なことと言えるかもしれません。しかし、神のすばらしい御業を体験するためには「待つ」ことがどうしても必要であり、そのために必要なのは忍耐です。
 イエス・キリストの奇蹟を体験する第三の秘訣は、イエス・キリストに「従う」ことです。イエスの母マリヤは手伝いの人達に「あの方の言われることを、何でもしてあげてください。」(2:5)と言われましたが、私達があることを祈り求め、その答えを待っている時になすべきことは、イエス・キリストの言われることに何でも「従う」ことです。手伝いの者達にイエス・キリストは「水がめに水を満たしなさい。」(2:7)、「さあ、今くみなさい。そして宴会の世話役のところに持って行きなさい。」(2:8)と言われましたが、それは必要としていた「ぶどう酒」とは何の関係もないものでした。しかし、手伝いの者達がその御言葉に従ったところ、「水」が「ぶどう酒」に変わるという奇蹟が起きたのです。私達はこのようにイエス・キリストの御言葉に従う時、私達が祈り求め、その答えを待ち望んでいたものを受け取ることができるようになるのです。
 この奇蹟が起こされた結果、どのようなことが起こったでしょう。「弟子たちはイエスを信じた」と聖書は記しています。しるしとしての奇蹟は、それを体験した者に必ずイエスを信じるよう導きます。そして、その信仰によって永遠のいのちを得させます。私達も求め、待ち、従うことによって主の奇蹟を体験し、信仰といのちというすばらしい祝福を与えていただこうではありませんか。

(人生への適用のための質問)

1.イエス・キリストが最初の奇蹟を行われた場所はどこでしたか。




2.イエス・キリストの奇蹟を体験する第一の秘訣は何でしたか。あなたはそのことをしておられますか。





3.イエス・キリストの奇蹟を体験する第二の秘訣は何でしたか。あなたはそのことをしておられますか。






4.イエス・キリストの奇蹟を体験する第三の秘訣は何でしたか。あなたはそのことをしておられますか。





5.イエス・キリストの奇蹟によって与えられる二つのものは何ですか。


<来週(11.1.30)のメッセージ>
「弟子への召命」(マタイ4:18~22)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。