所沢ミレニアムチャーチ(日本聖泉基督教会連合)

所沢の小手指で礼拝を行っている小さな集まり、所沢ミレニアムチャーチのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年1月30日 日曜礼拝

<メッセージ>「弟子への召命」(マタイ4:18~22)

序.弟子への召命
 「わたしについて来なさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう。」(4:19)

1.準備
 ①教えと交わり 
「その翌日、またヨハネは、ふたりの弟子とともに立っていたが、イエスが歩いて行かれるのを見て、「見よ、神の小羊」と言った。ふたりの弟子は、彼がそう言うのを聞いて、イエスについて行った。イエスは振り向いて、彼らがついて来るのを見て、言われた。「あなたがたは何を求めているのですか。」彼らは言った。「ラビ(訳して言えば、先生)。今どこにお泊まりですか。」イエスは彼らに言われた。「来なさい。そうすればわかります。」そこで、彼らはついて行って、イエスの泊まっておられる所を知った。そして、その日彼らはイエスといっしょにいた。時は第十時ごろであった。」(ヨハネ1:35~39)
 ②奇蹟の体験
 「イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行い、ご自分の栄光を現された。そこで、弟子たちはイエスを信じた。」(ヨハネ2:11)
 ③宣教の体験
 「その後、イエスは弟子たちと、ユダヤの地に行き、彼らとともにそこに滞在して、バプテスマを授けておられた。」(ヨハネ3:22)
 
2.召命
 ①召命の時
 「この時から、イエスは宣教を開始して、言われた。「悔い改めなさい。天の御国が近づいたか
  ら。」」(4:17)
 ②召命の目的
 「イエスがガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、ふたりの兄弟、ペテロと呼ばれるシモ
  ンとその兄弟アンデレをご覧になった。彼らは湖で網を打っていた。漁師だったからである。」
                                     (4:18)
 「そこからなお行かれると、イエスは、別のふたりの兄弟、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨ
  ハネが、父ゼベダイといっしょに舟の中で網を繕っているのをご覧になり、ふたりをお呼び
  になった。」(4:21)
 ③召命の結果
 「彼らはすぐに網を捨てて従った。」(4:20)
 「彼らはすぐに舟も父も残してイエスに従った。」(4:22)

結.宣教の成功
 「イエスはガリラヤ全土を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病
  気、あらゆるわずらいを直された。イエスのうわさはシリヤ全体に広まった。それで、人々
  は、さまざまな病気や痛みに苦しむ病人、悪霊につかれた人、てんかんの人、中風の人など
  をみな、みもとに連れて来た。・・・こうしてガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤお
  よびヨルダンの向こう岸から大ぜいの群衆がイエスにつき従った。」(4:23~25)

<来週(11.2.6)のメッセージ>
「イエスの御業」(マルコ2:1~12)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。